テイクアウトはじめませんか!

元パン職人が現役ベーカリースタッフと創りました

20年前パン職人

約20年前パン職人になるために有名店で修行し、まだ暗い早朝からの仕込み、20kgの小麦粉を運ぶ重労働、閉店後のカスタードクリーム造りなどの長時間労働…。職人になるのは大変なんだと実感しました。
その有名ベーカリーでは毎日いろいろな種類のパンが焼かれ、たくさんのお客様が購入して行きますが、閉店後には必ず売れ残りが出ます。最初はスタッフが持ち帰ったり翌朝の朝食に食べたりとして有効活用していましたが、毎日売れ残るパンは冷蔵庫を占拠し保管も限界にきます。
食品製造業の売れ残りは一部を除いてそのほとんどを廃棄せざるを得ない現実を知りました。

パン廃棄

一生懸命作ったパンを毎日捨てたくない

毎日一生懸命造った「おいしいパン」少しでも廃棄しないために、オンライン予約で翌日の販売数と仕込み量をコントロールし食品ロスを減らせます。

昨今のコロナ禍の影響で、予測できない来店数や突然の悪天候による販売減など、売れるかどうかわからないのに、朝早くからスタッフが仕込みに追われるなど労働環境の改善にも予約システムは活躍します。

混雑と行列をオンライン予約で解消

バレンタインデーやクリスマス等のイベント事でチョコやケーキ、チキンなどの引取にコロナ禍でも店内外に大行列が出来ているのを何度も見ました。
オンライン予約を導入することで、混雑と行列を防ぐことが可能になり、感染対策として効果を期待できます。
またオンブッキングのお知らせ投稿で感染対策状況を発信することでお客様に安心してご来店いただけます。

感染対策

予約商品は1つだけ?

商品全てを予約にする必要はありません!

営業時間内に「電話しても売り切れ」「次の焼き上がりには時間出来に来店出来ない」「営業時間の数時間前の早朝から並んでも買えない」これはお客様も店舗もスタッフも負担であり解消すべき事態です。

大人気で入手困難な商品だけに制限してください。
新商品だけど販売予測のために予約していただく、買って欲しい・売りたい商品だけに絞ってください。

オンライン予約により24時間いつでもどこでもテイクアウトの予約ができるので、今まで時間的に、タイミング的に買えなかったお客様があなたのお店の人気商品を簡単に買えるようになります

正しい選択
HAREPAN_札幌店

HARE/PAN 札幌店

HRE/PAN福住販売店

HARE/PAN 札幌福住店

Weizen(ヴァイツェン)

見本 Bakery shop

MENU
PAGE TOP